海のDVDと、魚の図鑑、海の写真集、マリンスポーツガイドなど、海に関する本(書籍)をご紹介-「海の本屋さん」
「海の本屋さん」ホームへ戻る

海の映像を収録したDVDや、魚の図鑑、海の写真集など、海に関する本を紹介しています

海のDVDと本(書籍)を紹介する「海の本屋さん」

 使い方(別窓)

ホーム
海のDVD
海の図鑑
海の写真集
水中撮影ガイド
マリンスポーツガイド
エリアガイド
海の物語
Amazon活用法

海の甲殻類

海の甲殻類星4つ
「文一総合出版」(2000/10) 峯水 亮(著)
21×15cm 344P
¥3,990(税込)

アマゾン・ジャパン詳細ページへ

日本近海で観察できる大型甲殻類のうちエビ類・カニ類・異尾類(ヤドカリなど)・シャコ類などのうち代表的な530種類を 生態写真で紹介しています。

全て海中の生きた姿を写した生態写真で構成されていますし、体色の違う個体も多数掲載していますので、、見分けが 難しいエビ・カニなども特定がしやすいです。また、目次では名前が調べやすいよう、種の上の分類である科毎の生息域や 特徴を解説しているなど、使う側の立場に立った配慮がされています。

小さなエビやカニが好きなダイバーは多いですが、そんなマクロ大好き人間の方に対して、ぜひお勧めの一冊です。 簡潔ですが生息地域や特徴などの解説文も掲載されているので、生態に興味のある方にとっても満足できると思います。 また、数は多くありませんが宿主の写真も併せて掲載されているので、お目当てのエビ・カニをさがすのに役立ちます。

本書は収録数530種類と多いのでレアものも載っていますが、甲殻類は新種が発見されることが多いので、 最近発見されたものは掲載されていません。ただ、一般のダイバーが普通のツアーで見る甲殻類はほとんど 掲載されていますので、エビ・カニの類はこれ一冊で大抵間に合うでしょう。多少厚みはありますが、十分に携行可能な サイズです。

阪急コミュニケーションズから出版されている2冊ものの「エビ・カニガイドブック」もありますが、 本書のほうが日本周辺をカバーして地域に偏りがなく、掲載種も多いので、どなたにもお勧めできます。 但し、沖縄方面をメインに潜られる方には「エビ・カニガイドブック〈2〉沖縄・久米島の海から」 がお勧めです。

アマゾン・ジャパン詳細ページへ



カスタマーレビュー
この商品に関するあなたのご感想やご意見を、カスタマーレビューとして掲載してみませんか?
この商品のレビューを投稿する(別窓)